店の利用をするには

ブランケット羽織る女性

デリヘル店なども風俗を利用するには、まずはお店の事を調べる事から始めるべきであります。

繁華街へそのまま向かってデリヘル店を探すというのは結構難しいものです、というかデリヘル店は無店舗営業が主なので店舗を探して利用するという事はできません。
そのためデリヘル店を探すには、風俗情報誌を購入して調べたり風俗情報サイトを閲覧したりするなどをして調べます。
情報量が豊富であるのは断然後者であり、カテゴリー別に風俗店を探す事も可能です。
もしコンパニオンが熟女系がいいのであれば熟女で、楽しみたいプレイ内容がイメクラ系であるのならイメクラと検索をかければ確実にお店は確認できます。

デリヘル店はコンパニオンを派遣してもらうので、当然送迎料は発生しお客様負担となります。
情報に明記されている地域別の料金なども基本料金と一緒にちゃんと確認をする事が大事です。

電話で予約申し込み

ベンチ腰掛女性

利用したデリヘル店が発見できコンパニオンも決まったのであれば、さっそくお店へ電話をします。
風俗店に電話するとなると、きっと怖いお兄さん方が相手をするのかと怯える必要は全くありません。
風俗店の受付はしっかりしています、お店の窓口でありますし接客業なので当たり前です。

その際に初めてであれば初めてだと伝えて、店員の案内どおりに予約を申し込みましょう。
この際に利用時間や利用料金を伝えます、オプションなどもすでに決めているのであればしっかり伝えます。

一番重要であるのはコンパニオンの指定になります、あらかじめ決めているのであればそのまま伝えましょう。
しかし、まれにお目当てのコンパニオンが臨時で休んでしまったり、元々休日であったりいない事があります。
それか人気のコンパニオンであればすでに他のお客様を相手にしてしまって順番待ちなんて事も発生したりします。

しっかりとはっきりと

ベッドの上の女性

電話受付にてお目当てのコンパニオンが利用できない事実が発覚した、コンパニオンを決める事ができないのであればどうするのか。
それは店員に全てを任せるしかないのです、そうなるとこちらも色々と伝えるべき事はしっかりとはっきりと伝える必要があります。

まず好みは当たり前ですが伝えましょう、どこまで用件を聞き入れる事ができるのかはデリヘル店によります。
しかし伝えるに越した事はありません、少々ふくよかな子がいいなど痩せているけど胸が大きい子がいいなどを伝えるのです。
顔の事に関しても注文するのも大丈夫です、でもあまりにも行き過ぎた幻想を風俗店や店員に押し付けることはやめましょう。
色々丸出しすぎて寂しい物です、人間全ての願望を叶えられる様にはできていないのです。

チェンジという事態が発生しないようにしっかりとしましょう。

レディーには優しく

ボールと泡だて器持った女性

あとは時間が許す限り、紳士的に楽しむのみになります。
本番行為の強制や無理なサービスのお願いなどはせずに楽しみましょう。
これはデリヘルのみならず全ての風俗店で通用する心遣いになります。

そうすればコンパニオンもお客様の為に一生懸命尽くしてくれます。

いよいよ登場

エプロン姿女性

コンパニオンの指定も終了したのであれば、あとはコンパニオンがやってくるのを待つだけです。
デリヘル店は基本的に自宅やホテルなどに派遣が可能となっています。
どこに呼ぶのかは自由です、この点も他の風俗店とは違うので人気なのでしょう。

コンパニオンがやって来た時点で、タイマーは押されサービスはスタートします。
流れとしてはシャワーを浴びてプレイに及ぶ形になります。
シャワー時間やプレイ後のコンパニオンの身支度も時間に含まれているので気をつけましょう。
余裕があれば延長などもしてみてもいいかもしれません。